5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【気象】天気予報 最近、大外れ連発

1 :焙煎特派員φ ★:04/06/04 17:01 ID:???
■天気予報 最近、大外れ連発

このところ、天気予報が当たらない。東海地方では五月、肝心の日曜日に晴れの予報が雨、
雨の予報が晴れとなり“外れ続き”の印象を残した。折しも気象庁が「予報精度を上げる」と
宣言する気象白書を発表したばかり。梅雨入りを前に、気になる予報現場の最新事情は−。

http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20040604/eve_____sya_____013.shtmlより抜粋


名古屋地方気象台によると、こうした予報の「大外れ」は、年間で三十日ほどあるという。
週間予報の担当者は「五月は高温多雨で、日照時間も少なかった。一般にこうした時期は
予報の成績が悪くなる」とする。しかし、その詳細な理由は「まだ検証中」と歯切れが悪い。

これに対し「現在の予報技術の限界」を指摘する声もある。天気予報や梅雨前線のメカニズムに
詳しい名古屋大地球水循環研究センターの上田博教授は「この時期は南北の高気圧のバランスが
微妙に変わっただけで天気もがらっと変わる。どうしても当てづらいときはある」とする。

上田教授によると、梅雨前線などは、赤道や熱帯地方の雲の動きが影響する。ところが、
そうした地域には観測施設がないため、気象衛星で雲の形は見えても詳しい性質は分からない。
「根本的なデータがないから、いくらスーパーコンピューターで計算しても予測できない。太平洋上や
東アジアに観測点を設け、さらに細かい解析能力のある数値モデルを確立しなければならない」
このため、上田教授のグループは中国・蘇州にレーダーを持ち込んで観測実験をしたり、新たな
数値モデルの研究に取り組んでいる。予報だけでなく、東海豪雨などの局地災害の対策にも
役立てられるという。

上田教授は「日本の予報を良くするのに、日本の態勢だけを充実しても仕方ない。必要なのは
気象に関する国際協力だ」と話している。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/04 17:07 ID:wPmp1GSi
暑いよね。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/04 17:19 ID:smUjmarF
どんとこい

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/04 17:38 ID:SmHDqIKU
気象予報のためと喧伝されながら構築された地球シミュレーターが
何のために利用されているかが推測できるな
理論核実験してるんだろ?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/04 17:44 ID:2tLaDikh
予報の成績によって評価するシステムが必要ではないのか?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/04 18:17 ID:6yblok6n
>>4
レーザー核融合のシミュレーションはやってると聞いたが???

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/04 18:17 ID:mt36U5BT
そりゃそうか。気象やるにはより広い範囲でデータ得なければならんわな。
入力データが不確かなら限界は低い。

地球シミュレータとか、計算機の発達で高度な計算できるようになったけど、気象予報するのに重要なのは
空間を切り取る格子の大きさとその格子に与えるパラメータの正確さ。計算機の発達というのは
格子をより狭くとれるようになる、例えば一辺10kmの立方体の集まりとして扱えるようになるとかそういうの。
でもそうやって細かい単位で計算できるからといって即予報精度が上がるわけではなく、その格子それぞれに
与えるパラメータの正確性が重要。パラメータってのは、計算格子間隔以下のスケールの効果を
定数として方程式の付加項として取り込む手法。実際の細かな変動を無視して定数化するわけだ。

今は、計算機の性能による格子の小ささに対してパラメータの導出、与え方が追いついていない状態。
それは観測の精密さの向上と(例えば湿度や気温、雲による反射率や水蒸気移動の)パラメータが
どのように変化しているかを与える式をより現実に近づけることが必要。
これが格子間隔として1kmくらいになれば、パラメータとして付加項をつけることなくやれるとか。

といった内容のことを半年かそれ以上前くらいに聞いた。でも解釈を間違えてたりするかもなー。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/04 20:27 ID:b21qSOGH
>>7
いくら日本で勤勉にデータベース入力しても、隣の国が適当じゃね。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/04 21:01 ID:h0W0+yEd
地球シミュレーターは研究用なので、日々の天気予報のための
現業用スパコンとは別物なのだが……。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/04 21:06 ID:h0W0+yEd
>>7
>これが格子間隔として1kmくらいになれば、パラメータとして付加項をつけることなくやれるとか。

これは間違い。
1Kmモデルでも、サブグリッドスケールの現象をパラメタライズは必要。

積雲対流を直接に表現出来るスケールにまで格子間隔を細かくしたとしても、
今度は雲内の微物理過程の評価が必要になってくる。


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/04 21:17 ID:xFzV4PUl
>>4
>気象予報のためと

いってねー

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)