5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【猛暑】今年の猛暑の“真犯人”はチベット高気圧(04/08/11)

1 :( メ`ω´)φ ★:04/08/11 05:56 ID:???


■今年の猛暑の“真犯人”はチベット高気圧(04/08/11)

 今年の猛暑の“真犯人”は、ユーラシア大陸から来た超高層で発達するチベット高気圧の
可能性が強いことが、海洋研究開発機構(横浜市)の分析でわかった。蛇行する偏西風に乗って
高気圧の中心が西から東へ伸びて日本列島を覆うだけでなく、例年、夏の主役である太平洋高気圧の
勢力も強めるらしい。

 チベット高気圧はインド洋で発生した海陸風(モンスーン)の活発な対流活動で、成層圏に近い
高度一万数千メートルの上空で発達する。

 7、8月に東地中海付近から東へと吹くジェット気流、偏西風が蛇行すると、それに乗って大気の波が
エネルギーを失わず日本の上空へ伝わり、対流圏の上層から下層まで伸びた深い構造の高気圧を作る。
この状態だと、乾燥した空気が下降流によって高層から地上へ運ばれ、気温が上がりやすい風向き
になるという。

 同機構地球シミュレータセンターの榎本剛研究員が過去の観測記録を調べたところ、
1994年など記録的な猛暑になった年は偏西風が蛇行した年とほぼ一致。コンピューターによる再現実験でも確認できた。

 気温を急上昇させるフェーン現象が関東で発生し、7月の最高気温記録を各地で塗り替えた
先月20日の高気圧の流れを、観測記録をもとにコンピューターで再現すると、
チベット高気圧の強い部分が16日から徐々に西から伸びてきて、20日に日本上空を広く覆った
ことを確認した。

 榎本研究員は「大陸でチベット高気圧のできる位置がずれると、昨年のような冷夏をもたらす
こともある。猛暑の仕組みがさらに詳しく説明できるようになった」と話す。気象庁も
「今後は高層に位置するチベット高気圧の動きにも注目したい」と評価している。(読売新聞)

( ´`ω´)つhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040811-00000401-yom-soci



26 :名無しのひみつ:04/08/12 09:27 ID:NuOe0ZZR
地球シミュレータ万歳

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★