5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【重力変動】昨秋の十勝沖地震後 長野・京都でも重力変動を観測(04/10/16)

1 :( メ`ω´)φ ★:04/10/18 18:06:45 ID:???

■昨秋の十勝沖地震後 長野・京都でも重力変動を観測(04/10/16)

 昨年9月の十勝沖地震後に、長野や京都など遠方でも重力がわずかに増えたことが、東京大学海洋研究所など
の研究でわかった。重力は、地球の質量がものを引きつける引力から自転による遠心力を引いた力。
 震源の断層がずれ、連動して広範囲に地殻が動いて地下の密度分布が変化したことなどにより、重力が変動した。

 同研究所の今西祐一助手は、重力変動の結果から震源の断層の状態を推定する新たな手法になるとしており、
15日付の米科学誌サイエンスに論文を発表した。

 岩手県江刺市、長野市、京都市に設置してある超伝導重力計で連続観測中に十勝沖地震が発生。
地表の重力(約980ガル)の10億分の1以下の変動をとらえた。

 3地点とも重力が大きくなり、増加分は江刺市で0.58マイクロガル、長野市で0.1マイクロガル、
京都市で0.07マイクロガル。震源に近いほど大きく増えた。

 重力は、地下の岩石層の移動や圧縮による密度分布の変化によって変動するほか、
高所ほど地球自転の遠心力により重力が小さく、地震による隆起・沈降にも影響される。

( ´`ω´)つhttp://www.asahi.com/science/update/1016/002.html

読売ソースより

 地震が起きる際に断層などがずれると、その近くでは、物の重さの源となる「重力」が変化することが、
理論的には予測されていた。グループは、岩手県江刺市、長野市、京都市の3か所に設置されている
高精度重力計のデータを分析。昨年9月の十勝沖地震で、地球重力の10億分の1以下に相当するわずかな
重力の増加を確認した。

( ´`ω´)つhttp://www.yomiuri.co.jp/science/news/20041015ic03.htm



2 :( メ`ω´)φ ★:04/10/18 18:07:24 ID:???

【マグマ上昇とらえた!】浅間山で 東大地震研 重力の変化から観測 (04/10/01)

 群馬・長野県境の浅間山(2,568メートル)のマグマが火口に出現する前に、山腹で重力が増加してから
減少に転じる明確な変化を伴っていたことが、東大地震研究所の観測で分かった。
 マグマの先端は13日ごろ、観測点のある標高1400メートル付近を通過したとみられる。

 従来マグマの上昇過程を具体的に知るのは困難で、火口に迫るマグマの動きをとらえた画期的成果として注目される。

 浅間山は今月1日に中規模噴火。東大は火口の約4.5キロ東の山腹で重力観測を始め、徐々に増えた重力が
13日ごろ減り始めた。16−17日の連続的な小噴火の後、火口底にドーム状のマグマ出現が確認された。
23日の中規模噴火の前日にも、同様に重力増加から減少に転じた。

大久保修平教授は「マグマ上昇で重力が増え、先端が13日ごろ標高1400メートル付近に到達。
さらに上昇して観測点より高い所にマグマが増えたため、引力で重力が減殺された山頂火口にマグマが
近づいている信号では」とみている。

従来、地下のマグマのおよその動きを衛星利用測位システム(GPS)による地殻変動データなどで推測したが、
火口への切迫はマグマ出現まで分からなかった。リアルタイムの重力監視システムをつくれば、
マグマの上昇経過を即、防災に生かすことも可能という。(中日新聞)

( ´`ω´)つhttp://www.c-crews.co.jp/gnext_express/news/back/0410/041001_03.html




3 :名無しのひみつ:04/10/18 18:08:10 ID:FBKG/ijg
フォールド突入〜!

4 :名無しのひみつ:04/10/18 18:11:56 ID:RSyZanN3
スイングバイで自転を遅くしたら
地球規模で重力が増えるよな?
どっちが影響力強いだろう

5 :名無しのひみつ:04/10/18 21:44:45 ID:RR4tG588
>>4
月の距離とか惑星の位置関係で潮汐力が変動した方が影響おおきいとおもうよ

6 :名無しのひみつ:04/10/18 22:55:11 ID:IaUHzeNU
この日ちょうど修学旅行だったわ

7 :名無しのひみつ&rlo;(どけイイもでうど) Oo .(`・ω・´)&lro;:04/10/18 23:38:59 ID:5iUnm2g8
重力の10億分の1って言えば、
重力を30ビット以上分解能で重力変動を測定する方法が存在することになるんだけど
凄いよね?
どんな方法なん?

8 :名無しのひみつ&rlo;(どけイイもでうど) Oo .(`・ω・´)&lro;:04/10/18 23:49:59 ID:5iUnm2g8
わりと力技でやってるんだな....

http://uenishi01.at.infoseek.co.jp/p470jyuryoku.html
>重力の測定
>重力(重力の加速度)は振り子の周期や物体の落下距離とその所要時間から求められますが装置が
>大掛かりなので絶対重力測定によって重力値が既知である点を基準として重力の差を測定します。こ
>れは相対重力測定といいます。重力とバネの復元力とのバランスを利用したラコスト・ロンバーグ重力
>計(LaCoste & Romberg Gravimeter)というのが長年にわたり日本国内外でよくつかわれています。そ
>のほか超伝導重力計というのも開発されています。
>重力の絶対測定のほうは国土地理院ではFG5絶対重力計(Micro-g Solutions社製)をつかっていま
>す。真空の筒内で物体を落下させレーザ干渉計とルビジウム原子時計で重力の加速度を測定します。
>可搬型になっていますが装置が大きくなるため、測定が容易でないという欠点があります。



9 :名無しのひみつ:04/10/19 00:29:00 ID:MnDQJVjZ
> 重力は、地球の質量がものを引きつける引力から自転による遠心力を引いた力

10 :名無しのひみつ&rlo;(どけイイもでうど) Oo .(`・ω・´)&lro;:04/10/19 00:43:53 ID:9NMuH3WT
しまった...
>>1に超伝導重力計って書いてあるや....
液体ヘリウム使いながら観測続けているのか...
しかし、液ヘリのトランスファーをいちいち南極でやるとは思えないから、冷凍機利用?

http://polaris.isc.nipr.ac.jp/~caem/data/data_k/caem_k21.htm


11 :名無しのひみつ:04/10/19 02:03:57 ID:VrH4oR3p
液への容器を液チで冷やすんですよ
最近は液へ回収器もありますし

12 :名無しのひみつ:04/10/19 02:20:11 ID:PHFkpsiJ
>>9
重力相互作用そのものとは違う、やや日常用語的な使われ方だよ。
使われてるんだから仕方がない

13 :名無しのひみつ:04/10/19 05:07:25 ID:mC0NaE6i
G=ゴキブリ

14 :名無しのひみつ:04/10/19 10:51:50 ID:4qBZqI8r
液屁

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)