5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【医学】毛細血管拡張性失調症変異(ATM)遺伝子による酸化ストレスの制御が働かないと骨髄機能不全が起こる

1 :pureφ ★:04/10/25 11:40:59 ID:???
細胞 : ATMが働かないと骨髄機能不全が起こる

 酸化ストレスに関係して細胞周期の安定性を維持するとされる遺伝子が、成体幹細胞の
持続的生産に不可欠であるようだ。

 毛細血管拡張性失調症変異(ATM)遺伝子は、DNA損傷に対する応答を活性化することが
知られている。これが不活性化すると、免疫不全や早期老化、リンパ腫の多発などが見ら
れる。 造血幹細胞(HSC)すなわち血液のもとになる細胞は骨髄でつくられ、血液の生成
に必要である。

 平尾敦たちは、ATM欠損マウスに進行性の骨髄機能不全が見られ、その原因がHSCの機能
の破壊によることを明らかにした。さらに、ATMの機能を回復する薬剤を投与すると、骨髄
機能不全が防げることも示した。

記事オリジナルはこちらです。
Nature Japan Highlight October 21, 2004
http://natureasia.com/japan/nature/updates/index.php?id=818&issue=7011

細胞:造血幹細胞の自己複製にはATMによる酸化ストレスの制御が必要である
Keisuke Ito, Atsushi Hirao, Fumio Arai, Sahoko Matsuoka, Keiyo Takubo, Isao Hamaguchi,
Kana Nomiyama, Kentaro Hosokawa, Kazuhiro Sakurada, Naomi Nakagata, Yasuo Ikeda,
Tak W. Mak & Toshio Suda
Nature 431, 997 - 1002 (21 October 2004); doi:10.1038/nature02989
http://www.nature.com/cgi-taf/DynaPage.taf?file=/nature/journal/v431/n7011/abs/nature02989_fs.html

慶応義塾大学 坂口光洋記念講座 発生・分化生物学教室 造血幹細胞研究グループ
http://web.sc.itc.keio.ac.jp/celldiff/zouketu.html

2 :名無しのひみつ:04/10/25 11:43:45 ID:ytFnLPOk
キャッシュが引き出せんのか?

3 :名無しのひみつ:04/10/25 11:44:13 ID:yBSivRG4
3様

4 :名無しのひみつ:04/10/25 12:19:32 ID:Plr7G8S1
対戦車地雷が不発でストレス溜まる上官の図(嘘


2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)