5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【生物】胚で心臓と筋肉の発生を調節している酵素分子Baf60c ヒトの先天性異常解明の手がかりに?

1 :pureφ ★:04/11/10 14:55:10 ID:???
発生 : 心臓の形成に必要な酵素Baf60c

 マウス胚で心臓と筋肉の発生を調節している新しい酵素分子が見つかった。この発見は、
臓器形成の際に遺伝子を制御する新しい仕組みの存在を示し、ヒトの先天性異常がどうして
起こるかを知る手がかりとなるものかもしれない。

 胚の発生の際には、堅く巻かれたDNAを部分的にほどいて、遺伝子複製タンパク質が近付
けるようにしなければならない。Baf60cは、この改変作業にかかわる酵素グループに属し
ており、胚の初期発生では主として心臓の極部分で活性化する。

 B G Bruneauたちは、この分子の活性を大幅に低下させると、発生が全体にわたって中断
されて心腔が形成されなくなることを見出した。Baf60cの活性低下がもっと小幅だと主な
血管の形成が影響を受ける。ヒトの先天性心疾患でも、これに似たようなことが起こると
知られている。

 ほとんどの先進国では、幼児の死亡の主な原因は先天性異常である。その中で心臓血管
の異常は最も多く、生産児115人に約1人の割合である。

Nature Japan Highlight November 04, 2004
http://natureasia.com/japan/nature/updates/index.php?id=831&issue=7013

発生:心臓の発生におけるBAFクロマチンリモデリング複合体の機能にはBaf60cが不可欠である
Heiko Lickert, Jun K. Takeuchi, Ingo von Both, Johnathon R. Walls, Fionnuala McAuliffe,
S. Lee Adamson, R. Mark Henkelman, Jeffrey L. Wrana, Janet Rossant & Benoit G. Bruneau
Nature 432, 107 - 112 (04 November 2004); doi:10.1038/nature03071
http://www.nature.com/cgi-taf/DynaPage.taf?file=/nature/journal/v432/n7013/abs/nature03071_fs.html

2 :名無しのひみつ:04/11/10 14:56:40 ID:qDsE0o3s
わからん

3 :名無しのひみつ:04/11/10 14:57:37 ID:aLTleUpL
クレイジー長島3get!!

4 :名無しのひみつ:04/11/10 14:59:18 ID:oPahEeZ8
コーディネーターの作成が始まりました。

5 :名無しのひみつ:04/11/10 16:05:31 ID:aU1eLB8F
発生時期に心臓作る遺伝子が発言できるように
ヒストンなんかに巻きついて固まってる遺伝子を
解きほぐす酵素が見つかったよみたいな?

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)