5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【生化学】低温電子顕微鏡によるクラスリン格子の高分解能モデル 36のクラスリン・トリスケリオンを含むバレル様格子

1 :pureφ ★:04/12/06 00:22:22 ID:???
Cover Story : クラスリン格子:膜輸送の重要な成分

 タンパク質クラスリンの被覆を持つ小胞は、細胞内の膜で囲まれた小区画間でタンパク
質や脂質を輸送する。クラスリン分子は自己集合して閉じた籠状の被覆を作り、輸送する
分子は小胞内に取り込まれる。小胞が形成されると、この被覆構造はすみやかに解体される。

 低温電子顕微鏡を使った多角的な解析により、今回クラスリン格子の高分解能のモデル
が得られた。このモデルから、輸送小胞の自己集合に重要な分子相互作用が明らかになった。
9個のクラスリンタンパク質が各多角形の頂点で連結して、全体で36のクラスリン・トリス
ケリオン(三脚巴型構造)を含むバレル様の格子を形成する。

 表紙は、クラスリンのアルファ炭素のトレースと、被覆解体過程で必要とされる調節タ
ンパク質auxilinの電子密度図である。

Nature Japan Highlight December 02, 2004
http://natureasia.com/japan/nature/updates/index.php?id=862&issue=7017

生化学:auxilinと結合したクラスリン被覆の構造と脱被覆機構に果たす役割
Alexander Fotin, Yifan Cheng, Nikolaus Grigorieff, Thomas Walz, Stephen C. Harrison & Tomas Kirchhausen
Nature 432, 573 - 579 (02 December 2004); doi:10.1038/nature03079
http://www.nature.com/cgi-taf/DynaPage.taf?file=/nature/journal/v432/n7017/abs/nature03079_fs.html

表紙に直リンしてみるテスト
http://www.nature.com/nature/journal/v432/n7017/images/cover_nature.jpg
http://www.nature.com/cgi-taf/dynapage.taf?file=/nature/journal/v432/n7017/index.html

News and Views
細胞生物学:クラスリンの「アキレスのかかと」
Frances M. Brodsky
http://www.nature.com/cgi-taf/DynaPage.taf?file=/nature/journal/v432/n7017/full/432568a_fs.html

8 :NAO ◆NAO.OOuUr. :04/12/06 02:08:41 ID:zcEp+cEs
情報、古くない?

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★