5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ツムラ】 西洋薬の新薬開発から撤退、漢方に集中

1 :二兎追うものφ ★:04/12/24 03:05:34 ID:???
 ツムラは20日、新たな西洋薬の新薬研究には着手せず、漢方・生薬研究
に研究開発費を集中化する方針を発表した。

ここもなー☆医薬経済☆
http://www.risfax.co.jp/


2 :名無しのひみつ:04/12/24 03:07:22 ID:z5zbtqhO
2だったら、今日のデートは風邪のため中止

3 :名無しのひみつ:04/12/24 03:09:45 ID:Rm5K7h74
金が無いんだね。

4 :名無しのひみつ:04/12/24 03:11:00 ID:D5sRJXU5
入浴剤だけにしとけ

5 :名無しのひみつ:04/12/24 03:11:54 ID:D5sRJXU5
>>3
「頭」がないのかもな

6 :名無しのひみつ:04/12/24 03:17:30 ID:ruzsKOwF
>>1
まさに「二兎追うもの」からの脱却。

7 :名無しのひみつ:04/12/24 03:47:18 ID:Xu4gIctb
漢方もいいけど、薬草の中国産はやめてほしい。

8 :名無しのひみつ:04/12/24 03:51:45 ID:UYTgu9vZ
ツムラ終わったな・・・ 前に西洋医学の限界から東洋医学ブームが起きたが
幻想だったことがわかって廃れたのに・・・  漢方なんて詐欺みたいなもん


9 :二兎追うものφ ★:04/12/24 04:17:09 ID:???
>>6
Σ(´Д` )

10 :名無しのひみつ:04/12/24 05:00:27 ID:bSU/GErm
ツムラ、後ろ後ろ〜!

11 :名無しのひみつ:04/12/24 05:03:57 ID:fa2hV/sM
ツムラのトウキシャクヤクサン今飲んだ。マズー

12 :名無しのひみつ:04/12/24 06:10:13 ID:J1eaHCLr
>>8
別に生薬使ってるってだけで
中国の医学書鵜呑みにしてるわけじゃあない
ちゃんと臨床試験やっとる

13 :名無しのひみつ:04/12/24 10:32:26 ID:ZrQW92XJ
漢方は詐欺じゃないよくきくよ

14 :名無しのひみつ:04/12/24 12:05:26 ID:hSyjUnKm
西洋医学と言っても生物から特効成分を発見するのが一つの
重要課題だし、新薬とは言っても基本的には生薬から始まる
のでは? どんなコンセプトで漢方専門を決めたのか知らん
けど、西洋薬で不可能だったことを漢方でできるのかどうか・・・

西洋薬のチャンポン飲みって一種の漢方だと思うし。(違う?)

15 :名無しのひみつ:04/12/24 14:33:37 ID:ouv3RNQl
中国:世界漢方薬市場の販売シェアはわずか1割

 漢方薬販売の世界市場で、中国製のシェアは10%程度であることが調査によって明らかにな
った。30日付で中国新聞社が伝えた。

 残りの9割は、日本製で占められている。日本製の漢方薬は原料の多くを中国からの輸入に
頼っている。しかし、世界市場では漢方薬のブランドとして日本製が圧倒的な信頼を得ている。

 中国側は、この調査に対して天然薬品や健康食品などで、国際市場に統一した基準がないこと
を指摘。中国は、補助食品などの品名で漢方薬を多数輸出しているという。しかし、日本では中
国製のダイエット食品の服用で死亡した事例が出るなど、世界市場では中国製の漢方薬に対する
不信感が根強いことも確かだ。(サーチナ・中国情報局)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040502-00000004-scn-int


16 :名無しのひみつ:04/12/24 14:44:59 ID:5e5hXR31
うーん。。
あのね、漢方って顆粒剤と生薬じゃ効きが違う。
さらに大事なのはレディメードな薬だってこと。つまり、
処方する医者(薬剤師)の腕にもよる。ここがかなり大事なんだな・・・。

ツムラ、、、、まぁ適当にガンバレ。w


17 :名無しのひみつ:04/12/24 15:02:26 ID:iRC5Xlud
葛根湯サイキョー

18 :名無しのひみつ:04/12/24 19:34:48 ID:hzm18eLd
>>12
で、まともな結果出てるの。

19 :名無しのひみつ:04/12/26 01:25:09 ID:tiv1D4yp
浮腫み取りにツムラのもカネボウのも飲んだけど
イマイチ効き目がわからなかった。あと長期で飲むうちに
飲んだ後に動悸がするようになったのでやめた。
漢方薬ってよくわからん。

20 :名無しのひみつ:04/12/26 01:59:19 ID:RJ7p76pR
効けば証が合っていた、
効かなかったり有害事象が有れば証が合っていなかった。
・・・後出しじゃんけんだな。
確かになんとなく効いてるのかなと思うことはあるけどね。

21 :名無しのひみつ:04/12/26 02:31:42 ID:tiv1D4yp
>・・・後出しじゃんけんだな。

うまい表現だ。


22 :万年救護大本尊の朴蓮:04/12/26 11:34:59 ID:l55o6jAu
黎明薬湯はあったまるよな−(^-^)

23 :名無しのひみつ:04/12/26 11:42:41 ID:i79HJJlx
風邪引く前は葛根湯だけど、
引いた後は麦門湯+しょうが湯だよ。

24 :名無しのひみつ:04/12/26 17:18:18 ID:vWG+tuDF
ツムラ、10年くらい前は化粧品作ってたけどね。
COTYっていう。評判ヨカッタのに。
やめたのは、やっぱり資金不足だったのかね。モッタイネ

25 :名無しのひみつ:04/12/26 18:16:06 ID:r5RKsymc
漢方医はなんだか怪しいのがいるよね。
まず、都内なんだけど雑居ビルの一室。
医者の日本語がおかしい(中華街で聞くアレ)。
保険証が聞かない、これ最強に困る、診療だけで1万強、薬代一月1万5千・・・。
高いだけあって?、すっごく効きました、プラシーボだったら笑えます。
ただ、飲んでて調子が悪くなったらすぐ止めて来いと言われたら怖いよ。


26 :名無しのひみつ:04/12/26 19:16:48 ID:n9LAF3hT
日本といい中国といい、生薬活用大国なのに、
生薬の成分とか薬効とかの研究ってヨーロッパ頼みなのが情けない。
合成薬との飲み合わせとか、漢方医や漢方薬扱ってる薬局の薬剤師に聞いても、
漢方薬だから大丈夫とか、たぶん大丈夫の一点張り。
欧米の論文とか探り出して自衛するしかない。

27 :名無しのひみつ:04/12/26 23:44:42 ID:Dqxwmg4n
>>26
日本も研究してますが?

http://www.jsphcg.gr.jp/

28 :名無しのひみつ:04/12/26 23:48:38 ID:r5RKsymc
>>26
忘れちゃったけど、入ってる薬草の成分を一つずつ説明してくれたで。

29 :名無しのひみつ:04/12/27 01:03:36 ID:87BonvMS
やっぱりここって理系の人が多いんだろうなぁ。
文系出のリーマンから言わせてもらうと
ツムラって転換社債大量に出して失敗したんだよ。
一時は倒産する危険さえあった。

30 :28:04/12/27 02:06:25 ID:hJAl2ATA
いまさら気づいたが説明してくれたのは薬効だったハズ orz

31 :名無しのひみつ:04/12/27 14:14:38 ID:dd7MPYzf
ニューヨークヤンキースの選手はユンケル飲んでるらしい。
あっちの選手に朝鮮人参のことを聞かれた松井選手がユンケル
を紹介したら、疲れが溜まった時に飲んでるってさ。

というわけで、生薬は新薬とは需要の意味が少し違う部分があ
ると思うし、新薬発見闘争を諦めて別の需要を開拓しようって
とこでしょうか。体力なさそうな会社なんだけど、開発力ある
のかね・・・これで本当に倒産したりして。バクチを打ったの
かな。そうとしか思えないぞ。

32 :名無しのひみつ:04/12/27 19:50:20 ID:DRdUum+5
漢方なら東京女子医大の系列の東洋医学研究所が保険きいていいよ。


33 :名無しのひみつ:04/12/27 23:07:39 ID:hJAl2ATA
>>32
あそこは予約が・・・orz

34 :名無しのひみつ:04/12/28 00:16:04 ID:bRYEBhga
漢方のことはよくわからんが、「証」ってのは、薬物代謝酵素の違いとかで
科学的に説明できるんじゃないのか?
漢方はそれを数千年?かけて経験的に見つけ出したのでは。
西洋薬でも、人によって効いたり、効かなかったり、副作用が出たりする。
これも「証」と言えるじゃないの?

35 :名無しのひみつ:04/12/28 01:45:22 ID:cR+QI+HY
>>34
ハイカラに言えばテーラーメード メディシンですな。
DNAチップで遺伝子多型を判定してどうのこうのなんていってるが、
こんなのやられたら医療財政はパンクすること必至。

その先には、簡単な問診や診察・簡単な検査所見と遺伝子多型との対応、
これを疫学的にどーたらこーたら・・・
行き着く先は西洋医学の知見に基づいた「証」となるのかもしれませんな。

36 :名無しのひみつ:04/12/28 01:54:39 ID:0dkoJGtM
花粉症には青龍湯

37 :28:04/12/28 02:06:18 ID:imzEGON0
>>36
それ、一応効くけど、陽虚?(冷えタイプ)の人の体には毒だから続けて飲んじゃダメだって言われたよ。

38 :名無しのひみつ:04/12/28 02:25:14 ID:JrvUGklW
>青龍湯


なにが配合されてるの?

39 :名無しのひみつ:04/12/28 02:58:46 ID:cR+QI+HY
>>36
そうそう、あれは良く斬れる・・・ってそれは青龍刀。

青龍湯ではなく、小青竜湯ね。
確認してないけど多分甘草(ステロイド類似)と
麻黄(エフェドリン含有)は入ってるんじゃないかと。

エフェドリンは※&@(自粛w)の原料もなるように興奮作用、
β刺激作用があるので弱ってるときに連用は注意ということかな。


40 :名無しのひみつ:04/12/28 03:30:09 ID:uOILTaCZ
甘草にステロイド?

41 :名無しのひみつ:04/12/28 04:13:55 ID:jrCVHLaf
漢方の解明のために、生化学的手法、カラムクロマトグラフィーなどを駆使して解明したら楽しそうかな。

二次元電気泳動などプロテオミクス的手法を駆使するのも面白そう。

まあ俺は傍観者なだけでやれっていわれたら、精神的におかしくなりそうだが。



42 :名無しのひみつ:04/12/28 04:14:29 ID:imzEGON0
小青竜湯よりも一般には麻黄附子細辛湯の方がよさそう。>花粉

43 :名無しのひみつ:04/12/28 07:04:06 ID:zwV6V/Rf
>>39
そのとおり

44 :名無しのひみつ:04/12/28 07:39:40 ID:zwV6V/Rf
麻黄附子細辛湯は連用しないほうがいいような気がする。
毒が弱いやつを使っているとはいえ、トリカブトだし、舌しびれるし。

45 :名無しのひみつ:04/12/28 19:16:27 ID:cR+QI+HY
>>40
甘草の主成分であるグリチルリチン酸は
ステロイド類似の構造を持っている。
抗炎症作用のほか、鉱質コルチコイドの作用もあるから、
ほんとは電解質異常には注意する必要がある。

46 :名無しのひみつ:04/12/28 19:55:07 ID:wChew/Vv
漢方薬研究って日本が一番進んでるだっけ?
ツムラ、中国企業に買収されちゃったりして。

47 :名無しのひみつ:04/12/28 20:46:23 ID:JrvUGklW
>>44
トリカブトも入ってるのがある!?

>>45
へぇ・・・そうだったんだ・・

みんな詳しいね。

48 :名無しのひみつ:04/12/28 21:46:14 ID:DffEdoWD
>>47
驚く事でもないだろう。
風邪薬には猛毒のベラドンナの成分であるアトロピンとか入ってるし。

49 :名無しのひみつ:04/12/28 21:59:09 ID:fxXuGyGZ
「毒にならないものは薬にもならない」
「毒と薬を分けるのは量の違いでしかない」
「用法、容量を守りましょう。」
ってこった。

50 :名無しのひみつ:04/12/28 22:02:40 ID:nP+dFhR4
>>46
漢方薬は中国ではなく日本の薬だからな。
汗っかきの人は葛根湯は飲んじゃだめだよ。
逆に悪化する場合も。
汗っかきの人は桂枝湯を飲みましょう。

51 :名無しのひみつ:04/12/28 22:09:36 ID:zwV6V/Rf
中国で使われてる生薬は種類がとんでもなく多いが品質が悪いものが多いらしい。

52 :名無しのひみつ:04/12/28 22:41:08 ID:JrvUGklW
>>48
あー風邪薬のCMで聞いたことがある。
確かにべラドンナの根っこが毒が有るって聞いたことがあるなぁ。
トリカブトと花が似てるよね。

53 :名無しのひみつ:04/12/28 22:47:08 ID:IdQ2JMFJ
>>51
中国の漢方会社の日本法人が中国に製品を輸出するって話もあるけど
あっちでは品質の問題があるのだろうか?

54 :名無しのひみつ:04/12/28 23:49:26 ID:imzEGON0
中国でも最近は妙に品質重視の会社もあるからツムラもうかうかできないんじゃないかと・・・まぁそれって価格も中国とは思えませんけどw

55 :名無しのひみつ:04/12/29 01:13:13 ID:dg68D53o
トリカブトの錠剤常用中

56 :名無しのひみつ:04/12/29 10:59:16 ID:o56HZV5M
漢方薬も副作用も有り死者も出てる
何事も過ぎたるは毒


57 :名無しのひみつ:04/12/31 22:44:10 ID:9vksHF86
中医学もそれなりに面白いよ

58 ::05/01/01 17:21:50 ID:9Ax4djex
別に無くすこともないんじゃん!?
あってもいいと思う・・・


59 :名無しのひみつ:05/01/01 19:02:09 ID:jls47ATW
葛根湯って焼きそばUFOの味に似てる気がする。

60 :名無しのひみつ:05/01/02 02:53:32 ID:agegIyt+
http://www.mmjp.or.jp/kampo-ikai/upload/kisochisiki.html
てぁ

61 :名無しのひみつ:05/01/02 12:51:41 ID:lAEjtw0p
中国では、漢方薬を飲んで死ぬ人が年間数百人いてる。
それは、植物に含まれる成分が育成環境に因って異なるから。
中国は漢方薬の人体試験場な訳だ。
それらの薬効成分を解析して、人工的に作り出すのが西洋医薬学。
漢方に集中ってことは人体試験場を構築したってことなのか?

62 :名無しのひみつ:05/01/02 15:22:31 ID:cZ771sCs
漢方薬だけ服用して死ぬって人は、いいすぎかもしれんが、
蕎麦くっても死ぬような人やと思うな。

漢方薬には副作用はないっていうのは、ある意味真実やと思います。
使い方が悪い場合か、あるいはハイレスポンダーに運悪くあたってしまったかでしょ?
後者の場合はおこってしまったら仕方ないとおもうし、
薬だけでなく健康食品の認可においても、もっとも頭を悩ませる問題。

それも副作用に含めるっていうんなら漢方薬には
副作用はあるんでしょうねぇ。

そもそも、副作用がでないようにするために
色々配合っていう目的もありますしね。

あと原料の生薬は品質が高いんが重要なんではなくて、
品質が一定なのがもとめられてるんではないんでしょうか?

でもこれは同じ遺伝子背景をもった同種の薬用植物を比べても産地や収穫時期によって
有効成分がばらばらになるんで、完全にクリアするのは難しいかなと思います。

63 :名無しのひみつ:05/01/02 20:40:17 ID:hUFV3qtb
中医になりたいんだけど、どこの医学部へ行けばいいの?

64 :名無しのひみつ:05/01/02 22:45:02 ID:+TlQMEcJ
>>63
http://www.bjucmp.edu.cn/
http://www.ryouneicyuui.ne.jp/
http://www.shutcm.ed.jp/
http://www.iond-univ.org/

65 :名無しのひみつ:05/01/03 21:41:41 ID:vLSdyVZQ
>>63
富山医科薬科大学

東洋医学のいいところを西洋医学にいかそうという程度でしょ。
所詮、東洋医学なんて糞。

66 :名無しのひみつ:05/01/04 00:06:56 ID:XyNws9OR

副作用は、治療上目的とする作用以外の作用のことであって
有害作用のことをさすのではない。結果オーライでも副作用。


>>62

>それも副作用に含めるっていうんなら
普通に含めます。使い方を間違えれば、副作用が出るという意味ですね。
でも、正しい使い方をしても出るもんはでますよ。

>>63
膨大な生薬と整体についての知識はなめんほうがよい。

67 :名無しのひみつ:05/01/04 03:28:00 ID:TcLE5KpU
ゲノム製薬のための金も技術もないからだろ。
つーか、日本自体がやばいだろ。

68 :名無しのひみつ:05/01/04 06:19:49 ID:XyNws9OR
ゲノム製薬の技術がなくても新薬は作れます。これまでの薬がそうですから。

まだゲノム製薬の技術をメインにデザインされた薬は、数えるほどしかありません。

69 :名無しのひみつ:05/01/04 16:04:17 ID:pmQ1359e
>>63
「にいや」に就職。
静岡県民以外はわからないか....orz

70 :名無しのひみつ:05/01/04 17:04:50 ID:3v6B4zI2
age

71 :名無しのひみつ:05/01/04 20:45:10 ID:5FpWLt9I
>>29
naruhodo

72 :名無しのひみつ:05/01/04 23:09:43 ID:BCZq1RI9
昔はツムラ順天堂っていってたけど、
順天堂大学となんか関係あるの?

73 :名無しのひみつ:05/01/05 05:54:13 ID:a/m19LLP
今後は、イスラムの伝統薬や、アフリカの伝統薬草類、などが狙い目。

74 :名無しのひみつ:05/01/05 06:03:13 ID:COAkDult
なんか、石油から合成するより動植物からエキスを取り出すほうが、コストが掛かりそうなんだがどうなんだ?

75 :名無しのひみつ:05/01/05 16:28:18 ID:wj19LW3O
未だにモルヒネひとつとっても、植物から抽出したほうがコスト安いし。
漢方ってのはそもそも何千種類もある天然物の混合品ですので、
化学合成ではこれまた無理があるかと・・・。

76 :名無しのひみつ:05/01/11 02:05:06 ID:bWSvr94S
なんか漢方に詳しそうな人が多いのでここで報告
今年初めて見かけた鼻炎と皮膚のかゆみに効くという薬、漢方くさいし成分の筆頭にこんなの書いてあった。
柴胡末、浜防風末、センキュウ末(やっぱり変換できない)、ブクリョウ(以下ry

でも、これらの漢方剤が90mgで、リン酸水素カルシウムが1080mgだったりするオチ・・・ただのカルシウム剤じゃん、これが一瓶(小)1400円もするのかよ!!

そういえば、去年までは花粉症に効くと乳酸菌がよく売ってたが、ことしはカルシウムも売ってたなぁと思った。

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)