5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【環境】農業 vs. 野生生物――開発途上国では高収量農業でより多くの種を維持できる可能性

1 :pureφ ★:04/12/27 14:43:15 ID:???
農業VS野生生物

 世界の食糧需要は2050年までに現在の2倍以上に増加すると予測されている。今回、英国
の研究チームが、自然への影響を最小限に抑えつつ将来の食料需要をいかに満たすかを探
る上で有用なモデルを作成した。

 農産物需要増大への対応と生物多様性の維持という課題への取り組みとして、これまで
主に2つの策が提案されてきた。野生生物に優しい農業(通常収量が低く、そのためより広
い土地が必要)と、狭い土地で高収量を挙げるという策である。

 Rhys Greenらは、生物多様性を最大限にする最良の農業形態は、農産物需要および自然
に優しいあるいは狭い農地で野生種が持続できる人口密度に依存していることを明らかに
している(「密度‐収量関数(density-yield functions)」で測定)。

 開発途上国における種の豊富さに関するデータから、さらなる研究は必要であるもの
の、高収量農業でより多くの種を維持できる可能性が示唆された。農業のトレードオフを
理解するためのこのようなアプローチは、野生生物が非常に豊富な開発途上地域で最もそ
の価値を発揮すると思われる。一方、同モデルは、ヨーロッパなどで生物を取り巻く環境
の回復と少ない土地での農業を結びつけるための概念の枠組みを提供するであろう。

Science Highlight 2004年 12 月 24日(金)
http://sciencemag.jp/highlights/highlight.html#4

Farming and the Fate of Wild Nature
Rhys E. Green, Stephen J. Cornell, Joern P. W. Scharlemann, and Andrew Balmford
Published online December 23 2004; 10.1126/science.1106049 (Science Express Research Articles )
http://www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/1106049v1

2 :名無しのひみつ:04/12/27 14:45:37 ID:Dj999Ukr
にー

3 :名無しのひみつ:04/12/27 14:47:31 ID:SQxZmb/C
よん
食料不足になったらソイレントグリーンを摂取しますよ

4 :名無しのひみつ:04/12/27 14:51:40 ID:KAunRSJD
パク4ハ

5 :名無しのひみつ:04/12/27 15:08:00 ID:6q+pvC2i
>>3
その原料がニダーでも食べる?

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)